HOME>シニア社会塾

シニア社会塾について

会員の学習と交流の場として、2001年9月からこれからの望ましい シニア社会のあり方を参加者全員で考え議論する、双方向対話型の新しい集いの場として スタートしました。
2006年度からは連続講座としてテーマを決めたシリーズとして開催されています。
なお、銀座資生堂を会場とした”銀座サロン”はこのシリーズで最後となります。(会場を移して、連続講座は継続いたします)。

2016度連続講座「人生、いつでも、いつからでもスタート」

平均寿命が男女とも80歳を超え、人生の後半部分がかつてないほど長くなりました。 これまでの日本社会では、一つの会社に勤めあげ、定年を迎えれば隠居生活というのがお決まりのパターンでした。 昔と違って現在の高齢者は心身ともに若く、7掛け、8掛けと言ってもいいほどです。人生二毛作、三毛作も夢ではありません。 新しいことにチャレンジして、新しい人生を切り拓いてみませんか
【 オープン講座ですので、会員以外の方の参加も歓迎いたします 】

主 催 (一社)シニア社会学会
会 場 東京銀座・資生堂 9Fホール アクセス
開催要領 2016年9月17日(土)〜2017年2月18日(土) 全6回
14時〜16時(13時30分受付開始)、募集人数=各回最大45人
※参加は各回ごとに自由にお申込みいただけます
※各回とも定員になり次第、締め切りとなります
各回の参加費 会員=2,500円、非会員=3,000円
(各回当日、会場にてお支払いください)(ケーキ、コーヒーor紅茶付き)
申込みの受付は7月下旬からとなります。
※全6回一括前納の場合、会員:12,000円、非会員:15,000円
(6回分一括の申し込みは、8月末までの受け付けとします)
    
開催日
全て土曜
テーマ講師
2016年
9月17日
人生、いつでも、いつからでもスタート 袖井孝子(お茶の水女子大学名誉教授、当学会会長)
2016年
10月22日
がんから100キロマラソン復帰 大久保淳一(5 Yesrs代表)
2016年
11月12日
老婚の光と影 坂本洋子(NPO法人全国地域結婚支援センター代表)
2016年
12月3日
生涯学習のすすめ 中村昌子・中村隆俊(立教セカンドステージ大学卒業生、当学会会員)
2017年
1月14日
ICTへのチャレンジ 森 やす子((株)情報環境デザイン研究所、当学会理事)
2017年
2月18日
減築とリフォームで明るい未来を 天野 彰(建築家、アトリエ4A代表、当学会理事)

パンフレットはこちら PDFアイコン 


※お問い合わせ・お申込みは、シニア社会学会・事務局まで(担当・鈴木)。
■メールの場合:      jaas@circus.ocn.ne.jp
■電話またはファクシミリ: 03-5778-4728
■郵便:    〒150-0002
         東京都渋谷区渋谷3-15-5 パールビル・4F
icon 事務所オープン:毎週月・水・金(除祝日)10:00〜16:00

過去に開催されたシニア社会塾

2010年10月9日開催「地域活動のすすめ」

年度テーマ講師
2015年度
連続講座
人生100年時代
〜最期の時を安心して迎えるには
袖井孝子木村嘉男、加藤 隆
沖藤典子、荒井浩道、志藤洋子
2014年度
連続講座
人生100年時代 
〜明るく、楽しく、健やかに〜
樋口恵子、澤岡詩野、星 旦二
森やす子、近山恵子、袖井孝子
2013年度
連続講座
めざせアクティブシニア 
〜シニアの元気は日本の元気
袖井孝子・神田 蘭(ゲスト)
松島悦子、高野ルリ子・西島 悦
森やす子、澤岡詩野、松田智生
2012年度
連続講座
後悔しない終活のために 牛嶋信治、天野 彰、望月幸代
渡辺敏恵、加藤 隆、荒井浩道
2011年度
連続講座
人生の秋を楽しく健やかに 袖井孝子、大熊宏子、牧野俊浩
大社 充、沖藤典子、筑摩孝雄
2010年度
連続講座
どう生きる、
あなたのセカンドライフ
袖井孝子、堀池喜一郎
笠原清志、濱口晴彦
長田攻一、古村伸宏
2009年度
連続講座
「熟年世代の夫婦論」
〜人生の午後をどう生きるか〜
袖井孝子、天野彰、川村匡由、
榊原節子、吉田太一
2008年度
連続講座
「わが著書を語る」
この本で私が伝えたかったこと
袖井孝子、加藤仁、坂東眞理子、
田中尚輝、沖藤典子、濱口晴彦
2007年度
連続講座
人生100年時代をどう生きるか 轡田隆史VS加藤仁、濱口晴彦、
尾澤達也、坂巻煕、坂田壽衛
川村匡由、袖井孝子、田村明孝
2006年度
連続講座
老若共同参画社会は
どういう社会か
濱口晴彦、清家篤、
嵯峨座晴夫、轡田隆史、
田中羊子、袖井孝子、荒井魏、
宮本みち子、川村匡由

▼2007年のシニア社会塾はこちら(古いホームページの記事)

▼2001年から2006年のシニア社会塾はこちら(古いホームページの記事)